疲れの状況にあったお風呂タイムを

入浴によって、体の汚れが落ちるだけでなく、たまった疲れも落とすができる。おまけに気分もリフレッシュと一石三丁である。
ただし,風呂がそういう薬である以上,処方箋が必要になる。一言で疲れと言ってもいろいろあるので、疲れにあった入浴法で、心も体もリフレッシュしたいものだ。
まず筋肉痛にはやや熱めのお湯が効く。決行が良くなり、毛細血管にたまった疲労物質が流れ出るためだ。
次に足のむくみにはぬるま湯の風呂が良い。足のむくみの原因が長時間の立ち仕事による血行不順であるからだ。ぬるま湯の風呂にゆっくりつかって、血行を良くする事により、毛細血管にたまった血液やリンパ液を流してしまわなければならない。またぬるま湯の風呂によっくりつかることにより、水圧でむくみがおさまるからだ。
ストレス解消にもぬるま湯の風呂が良い。ぬるま湯は副交感神経の働きを高めるので、気持ちを落ち着かせることができる。広い温泉などのぬるま湯泉は絶好のストレス解消の場所になるだろう。
日々の入浴タイムを生かして、毎日の疲れを癒す努力をしよう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。