肩こりを風呂で直す方法

パソコンやオフィスワークなどで肩こりで悩む人は増える一方である。
この肩こりをお風呂で直せるというのだ。
まず肩こりの原因は肩の筋肉の毛細血管に老廃物や疲労物質がたまるため。
なので、お風呂で肩の血行をよくしようというのだ。
まず肩こりを感じたら、ぬるめのお風呂に肩までゆっくりつかろう。
お風呂で肩を温めると、筋肉が緩み、毛細血管が広がり、老廃物や疲労物質が流れやすくなるというわけだ。
コリがひどい場合は、お風呂に入りながら肩にシャワーを当てるといい。
そのとき、シャワーの温度はお風呂の温度より高くしよう。
肩のツボを探せればいいのだが、難しい。しかしシャワーなら肩全体を刺激できるので、ツボも一緒に刺激できるというわけだ。
お風呂に入るときの、ただ入るのではなく首を回したり、方を上下に動かしたりしよう。
いたいといって動かさないと、かえって筋肉が固まってしまうことになる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27205185

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。